身長を伸ばす手術ってどんなの?費用とデメリットは?

身長を伸ばす手術ってどんなの?費用とデメリットは?

 

身長を伸ばす手術ってどんなの?費用とデメリットは?

 

 

 

身長を伸ばす方法というとしっかりと睡眠をとる事、
骨を刺激を与える適度な運動、そしてバランスの良い食事を
成長期にしっかりと行う事が重要となっています。

 

 

しかし身長を伸ばす最終手段として
外科手術を行うという方法もあります。

 

 

そんな身長を伸ばす手術について解説させて頂きます。

 

 

 

身長を伸ばす手術ってどんなの?費用とデメリットは?

 

身長を伸ばす手術ってどんなの?費用とデメリットは?

 

 

身長を伸ばす方法は民間療法も含めれば
効果がある、ないはありますがたくさん見つける事ができます。

 

 

 

その中でも100%の確率で身長を伸ばすことができるのが
身長を伸ばす手術を行う事です。

 

 

 

この身長を伸ばす手術は日本ではLON法とよばれる施術が一般的で
平均で5cmから8cm程度の身長を確実に伸ばすことができるのです。

 

 

身長を伸ばすサプリを始め、身長を伸ばす方法は
その人が持っている成長要素を利用した手段となっています。

 

 

しかし身長を伸ばす手術は骨端線が伸びなくなっても
35歳程度の方まで100%身長を伸ばす事ができるのです。

 

 

このLON法の手術内容は簡単に言ってしまえば
一度骨を切り、骨がつながる為の仮骨が出来てきたタイミングで
骨が固まる前に仮骨を少しずつ伸ばしていく方法となります。

 

 

 

そして骨と皮膚、筋肉に影響がでない程度まで
身長を伸ばした後に仮骨が成熟して固くなった時点で手術は終了となります。

 

 

そんな身長を伸ばす手術ですがデメリットもそれなりにあります。

 

 

 

身長を伸ばす手術のデメリット

  • 費用がかかる
  • 手術期間は4ヶ月かかる
  • 治療期間は6ヶ月以上になる
  • 運動神経などに影響がでる

 

 

 

身長伸ばす手術の大きなメリットは
身長を100%5cm以上も伸ばすことができる点です。

 

 

 

しかし一番のデメリットは費用と入院期間となります。

 

 

 

身長を伸ばす手術で日本で普及しているLON法は
保険適用がされず約500万円となっています。

 

 

ちなみにこのお値段は片足分です。

 

 

 

両足を行うと約1000万円の費用がかかってくるのです。

 

 

 

また仮骨を伸ばしてく期間も平均で3、4ヶ月もかかり
入院期間もとても長くなります。

 

 

 

またトータルでの治療期間も半年から長い場合で2年近く
かかる事もあり病院の近くでアパートを借りる方もいらっしゃるそうです。

 

 

 

また手術後は運動神経にも多少の影響が出てきます。

 

 

 

足に身長を伸ばすための延長固定器を付けているだけでも
3ヶ月以上になるので筋力が一気に衰えるので当たり前かもしれないですね。

 

 

 

またある程度回復してもダッシュやスポーツなどが
問題なく行えるまでかなりの回復期間が必要となってしまうのです。

 

 

 

身長を伸ばす手術は確実に身長を高くすることが出来ますが
費用はもちろん入院期間についてもかなり
ハードルが高い身長を伸ばす方法となっています。

 

 

順調に回復しても1年間はかかってしまいますからね。

 

 

まさに最終手段だといえるでしょう。

 

 

【身長を伸ばすサプリランキングはこちら】

 

 

 

低身長治療は効果はあるの?

 

身長を伸ばす手術ってどんなの?費用とデメリットは?

 

 

身長を伸ばすを手術は高額の医療費と入院期間
必要だとご紹介させて頂きました。

 

 

身長を伸ばす手術は片足で500万円、両足だと約1000万円も
かかってしまうので簡単には利用できない身長を伸ばす方法となっています。

 

 

 

そんな身長を伸ばす方法ですがサプリメント以外では
低身長治療というのも病院で受ける事ができます。

 

 

 

低身長治療は病院で治療が可能な保険が利用できる
しっかりとした医療行為となっています。

 

 

成長ホルモンの分泌が上手にできない方
直接成長ホルモンを注射して子供の身長を伸ばしてくれるのです。

 

 

またその効果も非常にたかく治療開始前は年間3cm程度の
身長の伸びが1年間で8cm程度も成長する事ができます。

 

 

 

以前までは成長ホルモンの注射のために通院する必要がありましたが
現在では自宅でホルモン注射を行う事が可能となっています。

 

 

また保険も適用されるので通院される場合は最大で月に1万円程度、
ご自身で注射を行う場合は月に5000円の自己負担となっています。

 

 

 

身長を伸ばす手術では1000万円近くの治療費がかかる事に比べれば
かなり金銭的な負担が軽くなっています。

 

 

 

また身長を伸ばす手術では35歳程度まで施術が可能でしたが
低身長治療は18歳までが治療可能年齢の目安となっています。

 

 

 

低身長治療は早く始めれば始めるほど効果が高いので
身長の伸びが気になる方は早めに受診を行う事が推奨されています。

 

 

 

身長を伸ばす手術も低身長治療も身長を伸ばすサプリと比べると
かなり毛色が違いますが同じ身長を伸ばす方法としてご紹介させていただきました。

 

 

 

【身長を伸ばすサプリランキングはこちら】